POPの重要性

こんにちは。

儲かる売り場アドバイザー伊藤です。

皆さん、『販売促進POPとは?』との質問に答えることができますか?

「Point Of Purchase advertising」

の頭文字を取った略語で「購買時点」と訳されるそうです。

つまりCMや折込チラシなどのように購買層に直接届ける広告とは違い、

お客さんが来店時から始まる広告のことです。

POPの歴史を調べてみると、

++++++++++++++++++++++++++++++++++

日本でのPOP広告の歴史は比較的浅く、店名や取り扱うものを表示した

「看板、のぼり、のれん、ちょうちん」などは古くから使用されてきたも

のの、個々の商品については接客販売による口頭対応により、商品特性や

価格が伝えられ販売されてきました。

現在用いられているPOP広告の起源は、昭和の30年代に欧米よりスーパー

方式の量販店が導入され、その経営方式である大量仕入・大量販売による

廉価仕入に加えて「店員の削減による経費節減」により廉価販売をするこ

とから、店員に成り代わって商品の説明をする欧米式のPOP広告が同時に

導入された事に始まります。

現在のように盛んに用いられるようになったのは、昭和も40年代以降になり、

消費者の購買意識や市場の変革とともに、売り場の最前線でのお店とお客様を

つなぐメディア(情報伝達媒体)としての必然性が小売業界全体に認識され、

頻繁に使用されるようになりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

とありました。

ポイントは、店員に成り代わって商品の説明をすることで「店員の削減による

経費節減」になる。

すなわち、最前線でお店とお客様をつなぐメディア(情報伝達媒体)という

考え方です。

そう考えるとPOPの役割は、非常に重要であり内容次第で売上げに大きく影響を

およぼす販促物だといえます。

ではどうして『POPが重要なのか?』をもう少しわかりやすく説明します。

・消費者の約8割は店頭で購買を決定している。

店頭でどんな情報を発信するかが、購買の決め手となります。

・滞留時間と消費金額は正比例している。

興味をもってもらえるPOPを付けることでお客様の滞留時間が長くなります。

・「買う理由」がわからなければ買わない。

お客様に価格や機能以外の買う理由が伝わらないと買ってもらえないのです。

どうですか?

POPの役割や大切さについて伝わりましたか?

店頭に大事なPOP

特に「買う理由」を伝えることはPOPを作る際にかなり重要なポイントといえます。

皆さんも参考にしていただければと思います。