シーンが想像できる売り場

こんにちは。

儲かる売り場アドバイザー伊藤です。

先日、スーパーへ行きました。

このスーパーは、利用シーンが想像できる商品の陳列及びメッセージが所狭しと展開しています。

店内で迷うことはほぼありません。

目的の場所に迷うことなく移動ができるので、やりたいことに自然と集中ができます。

往々にして店内で迷子になると、「何をしに来たのか」一瞬分からなくなることがありますが、その心配はいりません。

部屋の間取り、雰囲気そして設置及び利用シーンを想像しながら商品と向き合えるのでとても気に入っています。

家具等の大物から、生活・台所用品まで充実の商品数です。

今回発見したものです。

今までは色物が中心で、中には透明も使用していましたが改めて文字として理解すると

「なるほど」とうなずいてしまいます。

提案する我々は、日常のちょっとした不便に気が付き解決する方法を

いかにわかりやすく提供できるのかが勝負の分かれ道です。

普段の生活から、意識して取り組んでいきたいものです。