コトを発信するための3つのポイント

こんにちは、販促アドバイザー 上野です!

花粉で毎日鼻水とくしゃみが止まりません・・・。皆さまは大丈夫でしょうか。

さてさて、今日のお話ですが ↓ ↓ ↓

コトを発信するための3つのポイント 〜Ver.3〜

3つ目のポイントとなる、今回は

【どんな良いことがあるのかを伝える】編についてお話ししていきたいと思います。

世の中には、多くの商品があふれています。

おもちゃでいえば、月に200アイテムも新商品が世に出ます。

お菓子でいえば、月に500アイテム近くの新商品が世に出ます。

しかし、これらの新商品すべてのものが、全ての人に出会えることは、ありません。

例えば、就活シーズンなので、就職活動を例に挙げると

日本の企業は、約400万社あります。

しかし、就活をする学生がすべての会社を見ることはできませんよね。

学生へ、どれくらい会社を回るつもりですか?と聞いてみると

「10件くらい見ようと思っています。」と返ってきます。

約400万社の中で、たった10件しか見ないというのです。

それが、いいとか、わるいという話ではありません。

残りの399万9990社とは、出会えないということです。

もっと身近に目をやると

商品やサービスも同じことが言えます。

私たちが普段よく利用するスーパーやコンビニの中であっても

認識していない商品も沢山あるということです。

認識できないものは、その人からすると

ないのと一緒」と言えます。

もっと言うと、商品名や、存在を知っていても

その「価値」が伝わっていなければ、「ないのと一緒」なのです。

「価値」を言い換えると、

「私にどんないいことがあるのか」ということです。

ですから、つまり

① ターゲット(誰に)

② どんなお困りごとや興味があるのか

③ 我々は、どんないいコトがあるのか、できるのか

の3点を軸に、伝え方を考えることが重要だということなのです。

どうすれば売れるのか、どうすれば商品やサービス価値が伝わるのか悩んだとき、

まずは、この3つのポイントを深めて発信してみてはいかがでしょうか。