「失敗したくない!」買いたい気持ちを引き上げるために必要なコト?

さて、今回は

「『失敗したくない!』買いたい気持ちを引き上げるために必要なコト?」です。

実際、私、買物をする際、同じような商品が並んでいると、どれを買っていいかわかりません。

悩んでしまうのです。

それが、初めて買うものであれば余計に悩みます。

”どれにしようか迷う”のではなく

”どれを選べばいいのか悩む”のです。

この違い、共感して頂けますか?

”迷う”

どれにしようかなー。これもいいな!あれもいいな!こっちもいいな!
えーい!どっちもかっちゃえ!!

  お買物が楽しそうです。

”悩む”

 これでいいかな?いや、イマイチやったらどうしよう、
なんでこれにしたん?とか言われたらいやだな・・。どうしよう、んん、悩む
あーーーもう。やめとこう。

  お買物がイマイチ楽しくなさそうです。

  この違いが、売場の良し悪しなんじゃないかなと思うんです。

「失敗したくない。」と思ったことはないですか?

特に値が張るもの。

せっかく、高いお金を払うんだから、失敗はしたくない。

買う前に「納得感」が欲しいですよね。

さて、この「納得感」をお客様に感じて頂くにはどうすればよいのでしょう。

納得感を店頭で感じて頂けたら、売上もきっと伸びるはず…。

”店頭で手に取った使用感や、

ネットの口コミなどを吟味してようやくひとつに決定するお客様が増えた。”

というお声をよく聴きます。

これは納得感を感じて頂く方法の一つ、「店頭でのお試しサービス」と「口コミ」です。

ではなぜ、購入前お試しサービスや口コミを購入のキッカケになるのでしょうか?

それは、消費者がどれを買っていいかわからないからです。

モノが溢れ返っている今、

・どれを選べばいいかわからない。

・失敗はしたくない。

こんな、お困りが増えています。

このお困りを解決するのが……

”購入前のお試しサービス”

買う前に試せるから、気にいらなかったら返せばいいし、

ちゃんと自分に合っているのかを見極めることができます。

商品選びの基準も人それぞれで、本当に多様化しているんだな。と

思うと同時にこのサービスを使わないと、決められないほど、

消費者が困っているんだなと感じました。

やっぱり、消費者は買う理由を求めているんだなと改めて感じました。

しかし、このサービスを、どこの店舗でも実施できるわけではありません。

お試しが出来ない場合はどうすればいいのか。

3つ考えてみました。

1.スタッフが自ら体感して感想を教えてあげる

動画でも、口頭でも、DMでもなにかしらの発信するのもいいでしょう。

2.実際に体感したお客様の声を共有する

同じ境遇、同じ立場の人からの声だから素直に置き換えやすいし、なにより安心しますよね。

3.思い切って、お試しできる場所やサービスを教えてあげる

自分のお店や会社で出来なければ、思い切って他で体験できる場所を教えてあげちゃうのもいいでしょう。

いかがでしょうか。

ぜひぜひお試し下さい。