イラレでPDFを編集すると色やフォントが変わる時の対処法

さて今回は、イラレでPDFを扱うときの困ったポイントに焦点を当てていきます。

たまに、こんなご相談をいただきます。

「入稿できるデータが、PDFファイルしかなくて・・・」

普段、イラレで制作されたデータでの入稿を基本としていることが多いと思いますが、どうしてもこのPDFを使いたいということもあると思います。

そこで、私がPDFをイラレで編集する時に実際に困ったポイントを、対処法と合わせてまとめてみました。

イラレでPDFを編集する時の落とし穴

PDFをドラッグ&ドロップで開くと「不足のフォントはデフォルトのフォントで置換されました」と、否応無しにフォントは置換されてしまいます。

PDFで見ていたときはこんなファイルでしたが、イラレで開いてみると・・・・・・

ピンクのマーカーがひかれており、想定していた色やデザインではないことがわかります。

PDFのファイルを、イラレで開くときの一番大きな落とし穴が、「フォントが置き換わってしまう」「色やデザインが変わる」ことだと思います。

そこで、PDFで見えている通りに出力して、編集したい!という時に、私がやりやすいなと思った対処法をご紹介します。

イラレでPDFを「配置」する

操作: ファイル > 配置

ファイルを配置すると、ドラッグ&ドロップしたときとは違って、「PDFで見た通り」に配置されているのがわかります。

しかし・・・・・・

ん?星のオブジェクトの周囲に、グレーの細い線がうっすら入っているように見えませんか?

印刷してみると、このグレーの線は全くでてこなかったため「表示上の不具合」なのかな?と思いましたが、なんとなく気になりますよね。

このグレーの線現象の解消も2つ発見しました。

透明部分を分割・統合する

操作: オブジェクト > 透明部分を分割・統合

「すべてのテキストをアウトラインに変換」にチェックを入れるのを忘れずに!

このチェックを入れないと、再び「デフォルトフォントに置換」された状態になってしまいます。

その他の項目も適宜いじってみてください。

ラスタライズする

操作: オブジェクト > ラスタライズ

その名前の通り、選択したものをラスター画像にすることです。

イラレ上の「テキストやオブジェクト」といった「劣化させずに変更できる、数値的な情報」が失われ、「ただの画像」になるイメージです。

(逆に、イラレで作ったようなデータは「ベクター画像」といいます。)

AcrobatでPDFを「プリフライトチェック」する

タイトルにイラレでと銘打っているのに、すみません・・(^_^;)

操作: Adobe Acrobat にて対象ファイルを開く > 編集 > プリフライト

「フォントをアウトラインに変換」または「透明を統合(高解像度)」を選択します。

今回は、星の部分に発生するグレーの線をできれば表示しないようにしたいなと思っているため、「透明を統合(高解像度)」を選択しました。

「解析してフィックスアップ」を押すと、別名で保存するよう指示されます。

「エラーや警告は検出されませんでした」と表示されました。

別名保存したデータを見てみると、問題なくプリフライトチェックが終わったことがわかります。

このデータを使用すれば、再度イラレにドラッグ&ドロップしても、PDFで見たままで配置することができました。

ちなみに、このプリフライト機能はデスクトップにアイコンを作成して、そこへファイルをドラッグ&ドロップしてチェックすることも可能なようです!

パワポの場合、こんな方法もある

もし、扱うPDFが「パワーポイントで作られたPDF」という場合は「Power Pointでフォントを埋め込む」という方法もあるようです。

しかし、私の使用している「Power Point for Mac 2016」にその項目はないようでした。

できるバージョンは活用すると良いかもしれませんね。

PDFをイラレで編集する時の不具合は、まだまだあるかもしれません。

発見次第、解決方法を調べてまとめていこうと思います(^ ^)